古今東西の冠婚葬祭ばなし

結婚式におけるマナーについて

結婚式とは、一人の大人として、自分がどれだけのマナーを常識として理解しているのかが試される場でもあります。
結婚式に招待されるケースとしては、自分の身内・知人・友人・会社の同僚などが結婚する際が主ですが、その相手との関係性により、自身の取る行動には様々な様式が存在します。
もちろん、そういった社会的通念を気にしない場合はこの限りではありませんが、ごく一般的な人間は、過去積み上げられてきた常識を意識し、それに沿った行動をとります。
また、同じ招待客と比較することで、自分がどの程度その常識を理解しているのかを確認することもできます。
ご祝儀を例に挙げます。
ご祝儀と単に言ってもその準備には様々な様式が付き纏います。
まずは、ご祝儀袋の選択です。
ご祝儀袋は、封入する金額により選択しますが、一般的には水引と呼ばれる飾りの豪華さが判断基準の一つとなります。
水引の豪華さに見合った金額を封入するのが常識であり、豪華な水引の袋に少ない金額を入れるのは、非常識とされています。
ただし近年では、水引の付いたご祝儀袋だけではなく、よりポップなもの、変わった素材の袋なども存在するためこの限りではありませんが、相手との関係性に見合ったものを選択するのが無難です。
次にご祝儀として封入する金額です。
ご祝儀としては一般的に奇数が良いとされています。
偶数は2で割り切れるため、縁起が悪いと過去よりされているためです。
どうしても偶数の金額がよい場合、小額の紙幣で分割することにより、枚数を奇数とするのがよいでしょう。
金額は相手との関係性や式の開催形態(主に招待制、会費制)により異なりますが、招待制の結婚式の場合、知人・友人であれば3万円、身内であれば5万円程度を封入するのが一般的です。
これに関しては、多くの事例をインターネットで得ることができるため、事前にリサーチし条件に見合った金額を用意するのが最適です。
ご祝儀ひとつ取っても、これだけの様式が存在します。
事前にしっかり確認の上、非常識な人間と思われないよう心がけましょう。